テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】

テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】

 
 
子供の目線に立つのは難しい

テニスに欠かせないトレーニングは何があるでしょうか。

たとえば、

+ 基礎作りのための筋力トレーニング

+ 先輩、コーチの模範指導による技の反復練習

+ 実践練習

大まかに言えば、このように基礎作りから実践練習まであります。

しかし、子どもの体は大人のミニチュア版ではないので、

大人と同じようなトレーニングや技術の模傲は体を壊すことになります。

倉林さんが、今まで多くの子供たちを指導してきて明確になった事があります。

追求したのは、考えやすくてシンプル、というポイントです。

シンプルで無ければ、子供はその内容を理解しようとしません。

指導していることが理解できなければ、練習に身が入りません。

倉林さんが、研究に研究を重ねてようやく出来上がった、子供目線でのテニス・ジュニア選手育成プログラムを一般公開させていただく事となりました。

考えやすくてシンプルなトレーニングから、「幼児・小学生・中学生のテニス選手」や「あなたのお子さん」は 具体的に何を得ることができるのか?

その一部をご紹介すると…

サービス時、リリースポイントがずれてしまう悩みの克服法とは?

テニスボールでの練習方法を解説しますが、さらに〇〇ボールを使った効果的な練習方法をご紹介しましょう。

この方法できっと解決できます。

高校生でつぶれない選手になるため、小・中学生が気を付けるべき練習ポイントとは?

ラリーが続くようになるとニュートラルボールの質が勝敗を分けるようになります。

小中学生に特に実践していただきたい効果的な練習方法を紹介します。

サービス時に力がうまく入らない選手に共通するあるポイントとは?

サービス時の膝やの使い方や尻の位置が悪いためで、この癖をほおっておくと怪我をしやすくなってしまいます。

必ず解消すべきポイントですから解りやすく解説しましょう。

ボールの軌道がずれてしまうサービスに悩む小・中学生が意識するべきこととは?

多くのジュニアを指導してきて明らかなのは、トスアップがうまくできてないことが多いです。注意点をいくつか説明します。

筋力が弱く、力強いサービス時を打てない選手にやらせるべきレーニング法とは?

メディシンボールを使用した効果的な鍛え方があります。

具体的にやり方を、子供たちでもわかるように解説しましょう。

テイクバック時に手首をすぐ開放してしまう癖を直す方法とは?

ジュニアプレーヤーによくみられる悪癖です。手首を開放してしまうと無駄な力が入りよくないです。

映像によってその克服法お教えします。

ジュニアの女子選手に多いテイクバックでのバランスが崩れてしまう悩みの解決法とは?

“バランスが崩れてしまうのは脚力がないためです。

闇雲に筋トレや走り込みで脚力を付けるのは効率的ではありません。鍛え方を解説します”

サーブ時にリリースポイントが肩より下になってしまう選手の克服法とは?

ジュニアだけの特徴ではありませんが、多くの子供たちを指導してきた改善策をDVDでお伝え出来ると思います。

ボレー時にボールの後ろに意識せず入れるようになるには?

大切なステップ技術をつける練習法があります?

ボレー時の身体運動の秘訣はこの方法で体得出来るいと思います。

トスアップでボールが回転してしまうのを簡単に直す方法とは?

多い悩みですね。手首、掌、肘等だけにコツがあるわけではありません。

子供たちが解り易く練習出来るあるポイントがあります。映像を見ながら習得してください。

ボールにエネルギーが加わらない選手の悩みを解決した重要なポイントとは?

中学生レベルでは上半身だけ、幼年期には腕だけに力を入れがちな子供たちを見てきましたが、ボールへのエネルギーをうまく伝えるには、とっておきの○○に意識を向けた訓練方法があります。

パワフルなバックハンドストーロークを打ちたいが、どうしたらいいか?

バックハンド時の左手(ラケットを持った逆手)は○○○を開くために使う必要があります。

体に身に付けることによって威力のあるボールを打てるようになります。

長く練習しているのに、上達が遅い選手の共通点とは?

●●の作り方に重要な3つの注意点があります。

この3つのポイントが身に付いてないとインパクト時にバランスが崩れたフォームになってしまいます。

打点を意識した重要なポイントを解説します。

フォームを理解したばかりの初心者にスムーズなインパクトを習得させるには?

基本的な技術を習得する大変重要なステップです。

個人練習だけでなく、2人ペアで効率よく楽しく上達出来る練習法があるのでご紹介します。

ラリーは続くが、カウントが取れない人がやるべき練習法とは?

ボールを打ち返すだけでなく○○を意識し力強いスイングをすることが重要ですが、ただのラリーではなく、○○なイメージで練習出来る方法がありますのでお伝えしましょう。

深いボールが返せない、もしくはチャンスボールになってしまう選手の改善法とは?

下がりながら打ってしまったり、●●に備えたポジショニングを取れなかったりすることが原因です。

意識するだけでなく、身につけるために効果的な練習方法があります。

ストロークの際に体が前に倒れたり、当て打ちをしたりしてしまうジュニア選手の克服法とは?

最も効果的な方法をお見せしましょう。

それは○○を使って軸を起こすことを意識した効果的な練習ですい。具体的やり方をお見せします。

ストローク練習中に手打ちになってきてしまう小・中学生選手に効果的な訓練法とは?

●●を意識しながら、体幹を使いボールを下から打つ癖をつけられる訓練法を紹介しましょう。

訓練方法を誤ると逆効果です。詳しく解説しましょう。

小・中学生がトップに行くために特に必要な、フォアハンドのコツとは?

チャンスボールをしっかり打てるようになるためビンタを打つようにしっかりとボールをひっぱたくイメージを持つこと等が重要です。詳しく映像で説明します。

強いチャンスボールを打つために大切な肩の使い方とは?

肩甲骨を使って肩をずらすような動きが大事です。

この動きは正しくマスターしないと思わぬ怪我や悪癖の元になります。細かく解説しましょう。

ボレー時に体の前でボールを打てるよう身につけられなくて悩んでいるが。

高校生位である程度の実力があっても悩んでいる選手がたまにいます。

レディーポジションを基本に簡単で効果的な練習法があるので紹介します。

ボレーを打つときに気をつけるべきラケットの持ち方とは?

ラケットの持ち方は頭で考えなくても自然に出来るまで反復練習が必須です。

ボレーの際は○○と同じグリップで握ります。

重要な点なのでわかりやすく詳しく解説しましょう。

ジュニアだからこそ将来のために知るべき、テニスプレイヤーにとってのすべての動作に共通する重要なポイントとは?

すべての動作に共通することとは日頃の姿勢のことです。

正しい歩き方・走り方・骨盤の使い方等を矯正していく方法を説明します。

ジュニア世代に習得することが優れたプレイヤーへの近道です。
 
 
>>テニス・ジュニア選手育成プログラム公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【福辻式】腱鞘炎改善プログラム

【福辻式】腱鞘炎改善プログラム

ダブルス戦術らくらくマスタープログラム

【テニス】ダブルス戦術らくらくマスタープログラム│ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!

テニス・ダブルス上達革命

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組

日本人男性専用トレーニング

日本人男性専用トレーニング

シングルスで勝てない悪循環を断ち切る方法

試合にまったく勝てなかった私がコンスタントに勝てるようになった!シングルスで勝てない悪循環を断ち切る方法

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

試合に強くなるテニス〜簡単に勝てるダブルス〜

試合に強くなるテニス〜簡単に勝てるダブルス〜

中川式腰痛治療法

中川式腰痛治療法

テニス・ジュニア選手育成プログラム

テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】

失敗しようがないテニス上達法

失敗しようがないテニス上達法 【KT0003】

アーカイブ

2017年12月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031